アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
新しい床には必須

新築や改築などで新しく貼られたフローリングなどの床は、輝きもあってきれいですが、入居して年数を経るごとに汚れたり、細かい傷がついて次第にその光沢はうしなわれてしまいます。
なのでフローリングを塗りなおすことが必要です。
通常、ホームセンターなどにフローリング塗り替え用のワックスが売られています。
これは痛んだフローリングなどに塗ることのできるもので、そのまま上から塗り込むことができるタイプです。
なので、床をきれいにお掃除してから塗ることが簡単なため、一般でも多く用いられています。
大掃除や清掃の際にはフローリングをきれいにし、傷のついている部分は木工パテなどを使って補修をしてから使うとより効果的に傷が目立たなくなります。

ワックスがけにはまず、部屋中を換気し、乾燥しやすい状況を作ります。
ですので天気の良く気温の高い日にかけることが一番ベストです。
通常、ワックスはうすくのばして全体的に塗っていくことでムラなく塗ることができ、用途にあわせて重ね塗りなどをすれば光沢を得ることができます。
光沢がほしい場合は二度塗りなどをするために、すぐに乾燥させてから塗りなおすとより効果的です。
ですが、一般でこうしたことを行うと難しいことも多いはずです。
なのでハウスクリーニング業者などにフローリングの塗りなおしを依頼し、そして補修や清掃をしてもらってから塗ってもらうとより効果的なのです。
手間をかけるより、プロに仕事を依頼することが無難なのです。

ハウスクリーニング業者などの使う材質には、プロフェッショナル仕様のものがあります。
床剤もそのひとつであり、フロアコーティングなどが一般的に用いられています。
これにはガラスなどの成分がふくまれており、よりフロアコーティングは通常の床剤よりも硬く、そして光沢のある素材となっているため、選ばれている床剤のひとつとも言われています。
通常、業者は床などを清掃しながらこれらを塗りますが、これはコーティングをする時に細かい傷の補修もできます。
なのでフロアコーティングを使うことは、一石二鳥でありプロのハウスクリーニング業者も認めている床剤なのです。
また、バリエーションも豊富なことから用途にあわせて選ぶことができます。

オススメリンク

傷まないうちに行おう

フローリングの状態を良い状態に保つ方法として、フロアコーティングやワックスを行うことがあるが、これらを行うにあたってはいくつかのポイントがある。
まずは、フローリングが傷まないうちに行う…Read more

耐久性やコストの違い

フローリングなどの床の手入れを行う場合、フロアコーティングを行うか、ワックスを行うかの選択がある。
これらは、どちらもフローリングなどに対して対策を行う面では同じであるが、それぞれ特徴や…Read more

和室が少ない時代だからこそ

やはり、今の時代の住宅では、一戸建て住宅、マンション住宅、どちらの住宅の場合であっても、和室はひとつの家に1部屋ぐらいです。
それ以外はほとんどがフローリングです。
これが今の時…Read more

関連リンク